北海道の山登山
【日高山脈】 戸蔦別岳(幌尻岳系由)1959m
平成22年9月15〜17日
夏山ガイド6巻日高山脈4座残っていたが、やっと戸蔦別岳踏覇出来た登山は天気に恵まれたが帰り増水心配したが膝上程度無事帰れた。幌尻山荘も前日申し込んで予約できた本当は一週間前だそうだが15日は4名だった、16日は3名ゆっくり寝れた。15〜16日晴時々曇
富川から237号線、振内市街過ぎて幌尻岳の大きな表示から道々638右折、一斜線の峠を越えてあとは幌尻山荘の表示に従って行く。
この様な交差点でも幌尻山荘の表示がある
国道から12kmで砂利道、ここまで27km
道々638号線は一斜線ダンプが通ります峠、砂利道は時速30kmで走行して下さい、対向車、雨溜まりの凸凹があります気をつけて走行して下さい。
ゲ−ト駐車場まで30km長い道のりです。
たくさんお車ですがほどんと帰りの車でした。
8時30分登山届けを入れる。トイレもある駐車場
これからここが登山口になるのでは!
山奥深い林道から見下ろす。 岩にはダイモンジソウ
7年前は2.5km先まで行けたが、この様な林道多く歩かなければならない。
帰り大きな岩がどんと、おおコワ!小さな落石ごろごろある。予算がないのだろう
皆さん良い顔している
ここから5km、7年前はここまで車入れた
平成15年8月の台風からの様です。 
グル−プ6名帰るようです、天気が
良かった良い登山だったろう。;
国道から幌尻山荘の表示がかならずある。 道端にトリカブトがいたるところに
11時20分取水ダム、ここまで林道
荷物が重い2時間50分もかかっている。
左側登山道、沢を見ながら歩く
へつり、鎖がある、この鎖頼れる!
まだ登山靴でいけるが、この木のへつりで沢靴に履き替える12時ついでにお昼にする。
左右と渡渉が始まる、膝程度 へつり滑ると深みにドボン慎重にへつる。
13時10分 四の沢の滝 最後のへつり、この鎖、頼れない
帰り渡渉する事にする。
二人に渡渉を薦める、無事渉るのを確かめる! 深い所で膝上、どんどん渉った方が楽く
足の長い人は膝〜下、私は短い!1.6m
深い谷間、雨が降ると急流、渡渉困難になる腰まで来ると浮力が増し体重のない人は流される、今年8月女性が亡くなっている。 登山決行日より三日前は雨無しの天気を選ぶ、予約金は天気を見て、決行前日、振り込んだ方が良い。領収書忘れないで持参の事
川沿いに咲いている花々、 ミソガワソウ ?  山荘に近づいてくると巻き道になる。
ヤレヤレ着いた
山荘が見えてくるスト−ブの煙が
今日は山荘暖かい・・・
最後の渡渉膝程度、普通は15回程度だが私は
17〜8回渉ったかな・へつり、高巻き外した。
運動靴でも行けるが湧き水の多く集まった川、冷たい、完全沢スタイルで遡って下さい。

昼間は裏に分解処理の出来るトイレ、夜間は家トイレもある、電気もついている。19時消灯

山荘宿泊 予約制 一週間前から
利用期間 7月1日〜9月30日 以後は閉鎖使えません。
受付場所 平取山岳会事務所 
電話 01457-3838
宿泊料金 1,500円  収容人員50名
土曜 日祭日 休み 
9時〜12時まで電話した方がつながります。

管理人さん「明日4時出発の方が良いです,11時間かかります」とアドバイスしてくれました。
毛布一枚貸してくれる、室温20度、快適。
ヘッドライト用意して早く休む。
14時50分到着・女性二人男性一人のグル−プ私入れて4名 4名話しながら晩飯、右が流し場。雨が降ったら一階使える。混むと大変かな

駐車場〜2時間50分〜取水ダム〜3時間30分〜山荘
工程時間6時間20分 荷物が重い休み休み登る。



 明日に続く




inserted by FC2 system