北海道の山登山

【日高山脈】  リ ビ ラ 山  標高1291m

平成15年9月台風のため林道決壊、りびら山大滝コ-スはそれ以来整備
不能になり,平成21年9月も一部藪漕ぎでした現在は廃道になったようです。

樺司山経由も開削されましたが地元登山会(里山の自然に親しむ会)が
平成27年老齢化のため整備しない事になり、登山は藪漕ぎ登山となります。
里平大滝から上は熊の棲家です、登山は無理かと思われます。

 
下記はまだ登山道は残っていましたが平成21年6月26日 金曜日 天気曇時々晴
平成21年9月26日 土曜日天気 晴の記録です。

リビラ山は3度目の登山です、昨年リビラ川遡行熊に敗退、2度目里平大滝コ−ス
6月敗退、3度目の正直です、6月と9月併せて一つにしました合わせて見て下さい。
ここまで約19qここから終点ゲ-トまで約6.5q
標識変な所についている間違わない様に
途中砂利道になりY字右にゲ−トが登山口です。ゲ−トまでリビラ山の表示はありません、砂利道だが良い。 
ゲ-トから途中平成19年まで補修されていますが車は通れません。21年度補修工事中です。

GPS調子悪く受信不能のところが出る。
右に車止め6時出発入って右の
木に表示あり。
車出発4時30分 標高210m ゲ−トから里平川橋
渡り林道歩き平成19年度完成のたて表示。
平成21年度工事中、3.3km45分で工事現場に着く
これから先は半分残った林道脇と河原を行く〜
この荒れ方は凄いに尽きる!流された
林道、表示がないのが歩いて不安。
左の林道跡の草地、へつりもあります。踏み跡あり迷う事は無い。この道は2度目、迷う事は無いが道が悪い時間がかかる。
上里平橋に上に流木、凄かったらしい。
荒れた橋は渡らないで下さい。
平成15年9月9〜12日の台風10号被害前はここまで車これたそうです。年月過ぎてもあせていません。
コンクリ−ト土留め流され、かろうじて残って
いる林道を歩く蕗がぼうぼう踏みつぶして行く。
リビラ山が見える程遠い〜 川原歩きもあります〜
道路決壊何時なおるかな! 途中滝などある
二股標高370mここまで約4.5q標高差160mしか登っていないGPSで確かめるから分かるが表示まったく無い!地形図確かめて。 二股左の木に境界の表示に書いてある。ここから林道など無い少し残っている所があるがそこを通った方が楽です。 
この様に荒れている左右と
渡渉ひざ下程度
急流もあるが幅が狭いすぐ渡れる、荒れた沢は急坂は
ない、中学生の頃わらじを履いて岩魚釣り思い出す。
この様な谷、左右、渡渉の連続!登山靴でも行けるが少し濡れる覚悟で!春の増水、雨あがりは無理です。
勝手に登りなさいか・・・
所々二股がある地形図にらめっこ、左。
地形図確かめる
この二股左に行くと大滝
標高約570m、 370m二股から約1.5q。ゲ-トから滝まで標高差約360m、高巻もない沢は荒れているが遡行は苦にならない、二股は左、左です。

里平大滝 9時 直滝約25mくらいかな・・・

昨年春の情報は登山靴濡れたとある沢靴が有利。 水量の少ない時は登山靴で登れるようですが、一応沢登りです沢靴の方が無難です。 今日は沢靴兼用履いてきた山頂まで通す。林道あとのような所は回っても行った方が楽です。 2002年前は滝近くまで林道があったようです跡があります。
今は崩れた斜面、春は草地残っていたが崩れて危険、上高巻く道は無い。右から高巻くか、上を高巻く草地薮漕ぎです。

上の沢は今日は沢兼用の登山靴そのまま登るが、これから上は登山靴が有利です。細い尾根、上に踏み跡、上がると踏み跡不明になる、獣道もある、上に上がらない事。

細い急尾根少し下がる右に色あせたテ−プそれを急坂下りると河原に出る、石に巻いたテ−プがある、尾根をそのまま真っ直ぐ下りても沢に出る。
林道跡の様だ高巻始まり薄い踏み跡辿る。高巻、途中ヘツリロ−プがあるがロ−プ緩んでいる気をつけて下さい。
『急細尾根分岐迷いやすい分岐です確かめて』6月登山滝からの細い尾根に着くが横に薄い踏み跡〜獣道入り乱れている、熊の糞、春この道で熊に追い返された、登山道不明の所もある。距離はありません沢に下りた方が早いです、トラバ−スは分かりにくい出た所踏み跡無し。
獣道のル−トは熊の糞足跡などがある  6月の画像  ギョウリンソウ
などが咲いている 
沢を少し登ると枯れた赤石のガラ場を
渡る、表示が無い確かめ行く。
急尾根登り、ロ−プがあるが切れかかっている
頼らない方が良い。ここも迷いそうな踏み跡あり。
細い急尾根もある、過ぎると 刈り分けた急尾根道になる
帰り笹草地滑る気をつけて下さい。
鬱蒼とした樹林一人登山は気がはる! 稜線に飛び出す左は1111m峰、立派な刈り分け
道が付いている時間が無くて登れなかった。
リビラ山は少し落ちるが刈り分けてあるやっと山頂が見えてくる
ここまでフウフウ登ってきた山頂が遠く見えた。
最後の登りこん身こめて登る・・・
1111m峰、登山道はついているが今日は無理かな!太平洋を望む霞んでいるがまづまづだ、南方面見ながら稜線を行く〜



リ ビ ラ 山 2 へ

inserted by FC2 system