北海道の山登山
 【道北の山・羽幌コ−ス】 ピ ッ シ リ 山 標高1031m
2008年6月2日 火曜日 天気 晴時々曇り

蕗の台コ−スに向かう、森林管理署は「(滝ノ沢林道)は通れる」と確かめてあるのにゲ−トに『山菜保護のため当分の間通行禁止です、ご協力下さい。登山口まで3.6q』と書かれている。 

このコ−ス工程時間、蕗の台コ−ス4時間10分林道歩き2時間弱、登り6時間私の足だと往復14時間掛かる、『それなりそうと言ってくれればすぐ羽幌から登る事にしたのに』。士別まで戻り羽幌に向う。途中暗くなり苫前海水キャンプ場駐車場に車中泊する。
途中暗くなり苫前海水キャンプ場駐車場に車中泊する。水洗トイレ、流し設備は良い、近くに食堂もある。すぐ側に国道があるが駐車場は広い車音はうるさくなかった。海岸に降りると広い駐車場があるがトイレが無い。ここから10分も走れば羽幌市街です。人生こんな事もあるさ・・・登山より走る方で疲れた!

2008年6月3日 水曜日 天気 晴時々曇り
夜が明けると同時目が覚める、電気のない所で仕事をした事がある、夜が明けると仕事始め陽が落ちると仕事終わり、これは健康に一番良い生活基準だ、明治、大正、昭和初期は電気のない山奥の人方はみんなそうだった。早朝食欲が無い最近お粥のパックにした、梅干、キムチ、缶詰小、吸い物で朝食をすませ羽幌森林管理署に向う。
 必ず、留萌北部森林管理署羽幌森林事務所(01632-2-1151)に寄って鍵NO、確認、
入山届け24時間です。寄らないと林道歩き多くなります。
夏山ガイドの愛犬沢林道(愛奴沢)今は通行止めです羽幌ダム系由で行って下さい。
登山口から青旗まで大小アップダウン11回あります、帰りの登り返しが大変です、
体力の保守に食べるもの持って行く方が良いです。青旗から2q山頂まで急坂が続きます。
羽幌ダムまで舗装です、案内表示はありません。森林管理署に詳しい画像入り地図があり鍵NOも書いてあります。
ここまで来ると表示があります。
車の多い時はここに駐車、ここから200mです。 道路決壊、道幅狭いUタン大変です。
林道歩き2q、道は良いです。出発6時20分
決壊道路半分無い今日は私一台だが多いときは
ここに車停めるのは無理、先の広いところへ。
7時登山口 駐車場は広いです。
何年も車が入っていない山菜豊富。
登り始めは蕗、草がぼうぼう、その心配は無くなる。 樹木の間から山頂がはるか遠い。

カラマツソウ マイズルソウ オクエゾサイシン
下掻き分け写す隠れた花。
ツルシキミ もみじの花、始めて見る エゾイチゲ

スミレ、ニリンソウ、、立派な蕗が生えている。
ここまで大小アップダウン数え切れないほどある。これから急坂になる。9時15分登山道は広く刈分けられている。
滝分岐に来るが今頃は残雪が空洞になり
危険だそうです往復2時間やめる。

エゾノハナシノブ ハクサンチドリ、ぽつぽつ ちょっとした窪地に水芭蕉

山頂近く肩の所、細い切れ目一番の急坂ロ−プがあるロ−プ中間摺り切れているあてにしない方が良い。
登り切ると山頂が近くなった。10時
ゆるくなるダケカンバが明るくなる。
ハエマツ潜ると山頂が近い。
10時50分頂上 広い山頂360度見渡せるが道北の
山名わからない、大雪山、利尻山かすんで見えず。
熊の好物根だそうです。
朝から登山道に爪の跡らしいのがあったが、先行者は熊だった山頂で朝食だったのだ。熊の糞5個あった。これをほじくって根を食べていたのだろう山頂に一杯生えている。 蕗の台方面に行ったのだろう。蕗の台コ−スも尾根歩きアップダウンがありそうだ、今日の温度は25度を超えている。

蕗の台の従走路、予定はあそこから来る予定だった。
三頭山が手塩山地向うに頭だけちらり、あとは霞んで遠望悪い。
アイヌネギが登山道にびっしり。
今晩食べる分だけいただく。
湿地帯に水芭蕉
振り返る山頂遥か遠い良く歩いたものだ。
登り返し数えたら大小11回あった、大きい
落差約30m2回もあった。
林道歩きいやになった、ヤット車が見えてきた、この決壊そうとう掛かるだろう「いつの事やら、しばらく林道歩きだ」ここまで来るアプロ−チ崩れそうな所何箇所もあった大雨の後、確かめた方が良い。



 路肩決壊駐車6時20分4時間30分〜頂上〜3時間50分15時到着  
全工程、9時間20分 休憩含む

明日はピヤシリ山、名寄の観光道路登ろうとピヤシリスキ−場、名寄温泉に行くが、今日は割り引きデ−300円だった。 フロントで観光道路の状況聞くが「今は通行止め熊が出ます、山菜採りは入っているがお勧めできません」温泉に入って即、下川に走る今回は予定がはずれる。 下川市街に着くが薄暗くなる万里の公園に行くがトイレが閉まっている、下川の街に戻り中心街のトイレのある無料駐車場に泊まる。 近くの食堂で夜食済ませる。夜は9時過ぎると一人っ子居ない車も通らない静だった。   


                      明日ピヤシリ山へ


inserted by FC2 system