北海道の山登山
【道南の山】  美 利 河 丸 山(秋)  標高674m

平成18年10月25日 天気 くもり


 久しぶり登山足腰がなまっている、25日カニカン岳、26日美利河丸山と計画。 家5時出発、国縫から右折国道230号線にはいる、奥美利河温泉山の家の標識右折、ダムの横を通り〜カニカン岳の標識をたどってカニカン岳の分岐から登山口まで8qの標識右折、2.5qのところで通行止。 登山口まで徒歩4.5q、1時間半林道歩き登山時間を入れると片道5時間半、これは無利、計画を諦め、美利河丸山を登ることにする少し戻り美利河丸山に向う。 今日の天気予報、晴れ時々曇りだが予報はずれる。
美利河丸山の林道は全部舗装、途中から一車線細いカ−ブが
多い気をつけて行く。国道分岐から、山の家まで5.9q
終点、奥美利河.温泉山の家、展望台から駐車場は狭い100m先に2ヶ所ある。
自然が一杯のどかな所だ2〜3日ゆくりしたい所だ。
左のコ−テ−ジの横を通り登山口に行く 出発 9時15分
階段を上がり登山道に入る良く整備され歩きやすい、これから急なシグザク道が続く久ひぶりの登山、二人休み休み行く。急坂にはロ−プ
ツルシキミ  ツルリンドウこれも一個だけ
登山道真ん中に
暖急繰り返しの尾根道、
山頂らしき見えて来る。
急坂上から振り返る山頂と思いきゃ
まだ先がある今度はゆるい上り坂
紅葉は、良い時期も終わり色あせている。
ブナの樹木のなかを行く!
急坂乾いているから気にならない 鬱蒼とした竹薮まだ山頂が来ない 頂上 10時45分
笹刈払われて見晴らし最高、西側樹木で見通し悪い枝越しにカニカン岳、長万部岳が見える。ニセコ連峰が霞んでる晴れたら天望は最高だろう。 美利河丸山貸切、誰も登って来ない。
今日は泊まり客誰もいない、この山の家貸切だ、こんな贅沢は無い昔ながらの湯舟お湯は清んで透明、自然を見ながら心地よい。奥に宿泊煉、コテ−ジ2煉もある、水洗トイレ設備は良い。
今回の目的は秘境の温泉、山奥に一軒宿、手前が別煉丸木小屋風呂。 31日で夏期営業終了でした、冬期は温泉がぬるむので休業です。


露天風呂、ここが湯元37.8度湧き出ている湯床は砂利、チョットぬるめ、ゆっくり入っていると
節々が癒される、良く温まる。落ち葉ちる 小鳥さえずり 湯のかおり
 
工程時間 
駐車場登山口9時15分
35分〜尾根上〜55分頂上10時45分 
下山11時
15分1時間10分登山口12時25分

上り 
1時間30分 下り 1時間10分  全行程時間 3時間10分 休憩、写真撮影含む

【温泉】 今金町 美利河温泉山の家 10月31日今年の営業終わり来年5月まで休業
【泉質 単純泉  
(低張性アルカリ泉)
【効能】
リュウマチ性疾患、運動機能障害、神経痛など

宿泊料金 二食付 税込み 5557円  特別日 6082円 入浴料 300円

帰りキノコがイッパイ生っている、採って来るが駐車場でキノコの詳しい人に教えてもらったら猛毒ツキヨダケでした、キノコは怖い、毒キノコ分っただけでも勉強になる。分っているのは落葉キノコだけです。ツキヨダケは美味しそうな肉厚でした、おお怖・・・






inserted by FC2 system