北海道の山登山
【日高山脈】 ペテガリ岳 標高1.736m
平成23年7月27日 水曜日 天気 曇時々晴
ペテガリ岳は日の長い時期7月に3年前から計画たていたが林道通行止め又私用などで計画が出来なかった25日から天気が続く26日から二泊三日の計画する。26日は神威山荘下の林道からペテガリ山荘に行く。
路上駐車から沢登り1時間30分峠から下り30分林道に出てペテガリ山荘まで2時間休み時間を入れて4時間30分予定してた方が良い。
国道235荻伏からゲ−トまで24qここから登山口まで12q今年から開放されている。昨年までゲ−ト閉じられ、ここから林道歩きが多かった。開放されても雨の時は閉じられます。
神威岳が見えてきたらもうすぐです
ゲ−トから12qペテガリ山荘の表示
真っ直ぐ1q行くと神威山荘
浅瀬の徒渉がある,今日は水量少ない渡って
1q先まで車で行ける。
すぐ造材の林道工事、こっちの林道通れない 戻って徒渉上に路上駐車、先客1台
沢靴をはき登山靴リックに縛る。
シュオマナイ川の渡渉して
1q先の広い土場、この先の沢に入る。
この様な沢、沢靴のほうが有利
沢の中ジャブジャブ行く
行く先必ずテ−プがある沢の分かれ目
テ−プ確かめながら行く。
こんな所もあるリックつかえて通れない
リックおろして体、先に通るリック重い
横になると起き上がれない・・・
滝がある左を高巻く20m位だから
たいした事はない。
荷物が重い峠まで1時間50分下りは超下りの細い沢
はじめは枯れた沢を下る危険だ
ゆっくり下りる!林道まで30分。
林道終点に出る,ここに沢靴をデポした方が良い。
登山靴かついだ価値はある。
すぐ山荘の看板、沢靴のデポ
ここが分かりやすくて良い。
ここから整備された林道
先行者,右の木に沢靴デポしていた。
最後の浅瀬の徒渉、登山靴で大丈夫
来年は橋が出来ているだろう測量がしてある。
新しい林道22年完成、工事関係者の車、静内から来ているそうだ・・・こんな立派な林道、神威山荘の元浦川林道より立派だ・・・
幻の国道111号線工事中止、十勝側は札内ヒュッテまで車で来れる、静内側は国道(開発局)から林道(営林署)役所違いだから通さない立派な道路出来ているのに完成していないので通せば管理が大変だそうだ、ならスパ−林道に格下げしたら・・・ペテガリ岳は本州の登山者が多い今回も新潟6名、栃木1名、韓国、中国観光誘致より国内の方が先ではないのかと!重い荷物休みながら考え歩く・・・
この橋を渡れば山荘が近い
入ってすぐ炊事場でリックおろす。炊事場の水は湧き水を使っている、冷たく美味しい、水源確認してきました安全です。水の確保は大丈夫!
小分けして山荘に運ぶ先客,今日登っている様だ
女性一人5時出発だ17時に着くだろう。
登山口確かめる、山荘に戻ると
栃木からの後続者、工事関係の車で来る
2〜3qもうけた俺は全部歩いた・・・


小さいザックに明日の朝昼ごはんをつめる明日は暖かい水物は2リットル詰め込む。

17時、晩御飯カレ−ライスとコンスープ,17時過ぎた、12時間あれば帰ってくるだろうと栃木の人と話しながら横になる。

18時になったまだ帰らない心配になる,19時薄暗くなった横になっても落ち着かない、19時30分ヘッドライト登山名簿ボックスにいる一安心。
工程時間15時間30分かかっている。登り8時間かかったそうだ。

私も8時間の予定で3時半出発の計画、工程時間14時間の予定で計画している明日は早い寝るが寝つかれない今年始めての山荘泊まり気が張る・・・


   明日に続く
inserted by FC2 system