北海道の山登山
【道南方面】 長 万 部 岳  標高 973m
平成16年8月14日 天気晴れ

【道路情報】国道5号線から、二股ラジウム温泉看板、8kmほど入り二股温泉の二股道、右折、閉鎖の温泉を過ぎ、二股、砂利道左折すぐゲ−ト3〜4台の駐車のスペ−スがある。 朝6時半誰も来ていない、6時45分出発

 オシャマンベはアイヌ語で「川口がまがっている」又は「川口のカレイ」の意味。
ゲ−トを潜り林道歩き。はじめはとどまつの森 登山口
うすゆき荘まで林道歩き45 林道歩き1合目、盆休みか
工事は休みのようだ。
エゾアジサイ
ジキタリス コガネキク 5cmもあるデンデンムシ
(カタツムリ)大きい。
ブナ・ダケカンバなど混雑林、工事中だが歩きやすい2合目を過ぎ、鉱山跡に出る、目指す長万部岳が見える。椅子・鐘がある、鐘が森に響く「熊もびっくりするだろう」今日は天気が良い最高な展望8時10分5合目、林道歩きもここまで本格的な登山道になる。
鬱蒼とした枯れた沢道を登ると、
ガレ急坂を登れば山頂かな!
前瘤だった
山頂が見えて来た、前山ここは天望良し 頂上10時10分 立派な表示板
キアゲハ蝶 お迎え ヨツバヒヨドリ
ゴゼンタチバナの実 ツバメオモトの実 頂上稜線に、コケモモ実が一杯

最高な展望
狩場山方面遠望  下山10時40分

下り、急坂、岩場気を付けながら下りる。 山頂付近は高山植物の実が生っている熊のエサになる。
熊に気を付けながら! 林道歩きが多い楽に下りられる。

ゲ-ト駐車6時45分3時間55分頂上2時間20分13時20分ゲ-ト  
コ−スタイム6時間35分 休息含む

渓谷の中に1軒の温泉宿です。 流れる湯水で石灰華ド−ムが出来る。

【温泉】二股らぢうむ温泉 TEL-01377-2-4383 
送迎あり 長万部駅 (特急も停まります。)
 

(泉質)
ナトリュウム・カルシュウム塩化物泉(中性高針性高温泉) 温泉100%
(効能)神経痛・リュマチ・糖尿・婦人病・アトピ−・肝・腎・胃腸
(飲用) 炭酸カルシュウムを含んだミネラル水永く続ければ血液をアルカリ性にし各臓器が活発になり、新陳代謝を盛んにする。 (二股温泉の宣伝)
車ナシの人温泉から徒歩ゲ−トまで30〜40分です。長万部岳は林道歩きが半分、トドマツ・ぶな・ダケカンバなどの樹木、小鳥のさえずり、道端の花、温泉2泊3日の予定で気楽に登れます。(湯治客も多いです。)





inserted by FC2 system